■ トップページへ

2006年10月27日

27日目 79食目 ソーセージマフィンセット

IMGP5834.jpg

 僕が食べた豚は、良い奴だったかもしれない─────。

 僕はいつものように2階の、窓に面したカウンターに座ってソーセージマフィンにかじりついた。口の中に豚肉とハーブの味と香りが広がった。

 ソーセージマフィンのソーセージは、ご存じのように豚肉で出来ている。形的にはハンバーグだが、マクドナルドではソーセージと呼ぶのだ。そこにわずかな違和感もあるのだが、マクドナルドがそういうのだからここではソーセージと呼ぼうと思う。

IMGP5833.jpg

 そこで、僕が食べた豚肉の起源についてだ。僕が食べた豚肉の元になった豚は、本当は良い奴だったかも知れない。良い奴だったかも知れない豚は、僕のような豚野郎に食われるためにと殺され、肉を外され骨になり、きっと骨はスープの原料になったりして肉はミンチにされ添加物とスパイスを混ぜてソーセージにされた。

それがマクドナルドの鉄板で焼かれ、350円のセットになってカウンターに差し出されたのだ。

 そんな目に合うために育てられたその豚は、おそらく他豚を妬む事もなく他豚の悪口を言う事もなく、ただ正しい豚として生きてきたはずだ。殺された豚はきっと良い奴だった。あるいは映画の主人公として活躍する道もあったかもしれないのだ。

だが、豚は殺された。

 僕は殺された豚の命を食い、まるで人間の寿命を食って生き延びる死神の様に今日の命を繋いだ。良い豚を殺し、悪い人間が生き延びる。この世はまるで死神の世界だ。僕は豚野郎ですらない死神野郎だった。

 僕は色々な命を食べ、その生を貰って生かされている。その、背負った生を無駄にしないために今日も生き、良い豚や良い牛や良い魚を食い続ける。背負った生はどんどんふくらみ、僕の業もどんどん膨らんでいく。

 こんな時、良い豚だったらどう考えるだろうか。きっと良い豚はその答えを知っているし、良い牛も良い魚も答えを知っているはずだ。だから彼らは肉になり、死神に食われたのだ。

彼らは良い豚や良い牛や良い魚だったから食われた。

良い奴は食われる運命にあるのだ。

良い奴は早く死ぬ。

そして僕は今日も生きる。

IMGP5837.jpg

ソーセージマフィン 342kcal
ハッシュポテト 130kcal
ミニッツメイドオレンジS 102kcal

合計 574kcal

posted by マツモトケイジ at 12:24| Comment(5) | 4週目。
この記事へのコメント
「よし、今日も自分が正しいと思った生き方をするぞ」って、今朝家出る時に思った。
少しリンク。

腐った世の中でもイカレタ世の中でも、大事なのは、自分が”どう生きるか”だと思ってます。
餓え死にそうな時目の前に突き出された良い豚君を喜び勇んで殺して食べるか、食べて良いのか悪いのか一生懸命考えてる内に周りが豚君を殺して食べ始めたから自分も食べるか、豚君にキスをしてみんなの目を盗んで逃がしてあげるか…。
どれも正解だしどれも真実だしどれも間違ってない。
そこで自分が”どう生きるか”の問題だけ。

すみません、マツモトケイジに触発されて調子に乗ってしまいました。

うんこ、出てますか?
Posted by TDK at 2006年10月27日 12:46
この企画が終わったらベジタリアンかも?(^^)
Posted by 味平 at 2006年10月27日 21:08
人間は、微生物や植物では無い生物なので。
たとえベジタリアンでも、所詮
「別の生き物の魂を喰らい生きる」
という事で、生きながらえるしかないのです。

だからこそ、私も
「食べ物は出来る限り粗末にしない。」
(干物もほぼ丸ごといただいておりますよ)
「いつ誰がどうやって作り加工した物か分からない物(≒魂の抜けた物)は極力食べない。」
というポリシーでの食生活を送っています。
Posted by アカバネーゼ at 2006年10月27日 22:18
それはあまりにも人間的な考えですね。
Posted by at 2006年10月28日 00:36
TDKさん
うんこ、この29日で出なかった日はありません。
文章もうんこもブリブリでてきます。面前の排泄行為!!

味平さん
魚食いたいです、魚。

アカバネーゼさん
食べ物って大事ですよね。
出来るだけよく分からないものは食べたくないですね。<おのれが言うか的

ななしさん
だって、人間だもの。
Posted by マツモトケイジ at 2006年10月30日 07:53