■ トップページへ

2006年10月24日

マックフライポテトの栄養素。

 今日はマックフライポテトの栄養素について考えてみます。ネカマ文体が染みついちゃって戻すのが大変。ではまず一覧から。

マックフライポテト M
kcal 重量g タンパク質g 脂質g 炭水化物g Na (mg) K (mg) Ca(mg) P (mg)
420 135 5.7 22.1 49.4 174 904 24 182

Fe (mg) ビタミンA(μg) ビタミンB1(mg) ビタミンB2(mg) ナイアシン(mg) ビタミンC(mg) コレステロール(mg) 食物繊維(g) 食塩(g)
1.2 0 0.23 0.04 6 16 16 5 0.4


 カロリーや脂質についてはこれまで書いたとおり結構な数字です。420kcalってのはやっぱり怖い数字ですねー。脂質22gも、他のファストフードチェーンのポテトよりも頭3つくらい飛び出しています。

 意外に多いのが食物繊維で、実は490円するサラダディッシュよりも多いのです。っていうか、2.5倍です。おかげで毎朝ウンコもりもりってのは前にも書きました。

 更に注目するなら、ビタミンCも実はサラダディッシュを超えています。サラダディッシュクリスプチキンのビタミンCは15mgですが、ポテトMは16mgです。

 実はレギュラーメニューで一番ビタミンCが多いのはポテトLで、20mg含まれています。ポテトLを食べるとレモン1個分のビタミンCを摂取出来る計算です。

 ただ、成人が1日に必要なビタミンCの量は100mgと言われていますからポテトやサラダの量では全然足りません(500mgとの記載もあり)。足らないと壊血病をまねきます。壊血病は出血性の障害が各臓器や血管で起こる恐ろしい病気です。

 たまにファストフードやカップ麺だけを食べ続けて倒れたとかいう話を聞きますが、実は壊血病だったというケースもあったのかも知れませんね(※)。壊血病は3ヶ月とか1年とか、長期にわたる高度なビタミンC不足が原因らしいので1ヶ月間偏った食事をしたからって問題無いとは思いますが、長期に渡れば入院という事にもなりかねません。

※カップ麺はビタミンやミネラルが強化された製品もあります。その点ではファストフードの方が栄養的に劣ってるかもしれません。ビタミンCやカルシウムを強化したメニューとか投入したらどうでしょうか。>各ファストフードチェーン様

 マクドナルドの食品でビタミンCが多いのはポテトの他にミニッツメイドオレンジジュースがあります。Lサイズで67mg含まれています。こいつの欠点は205kcalという高カロリーで、実はコカ・コーラやQooなどを超えてドリンク類で最強のカロリーを誇る点です。上手くいかないもんですね。

 ビタミンCからポテトの話に戻します。他に多いのはカリウム。カリウムも人体に必要なミネラルで、1日に1〜2g必要と言われています。ポテトMで0.9gですから1日2個のポテトを食べればそれで足りる計算です。頼もしいですね。

 コレステロールは16mgとなかなか低め。むしろソーセージエッグマフィン(252mg)やエッグマックマフィン(231mg)などの方が高コレステロールです。

 これで脂質が低かったら、ビタミンC、食物繊維、カリウムの点でなかなか評価出来るメニューだと思うんですが、どうしたってこの高脂質は無視出来ません。結局健康に良いとは言い難いと思いますがどうでしょうか。

今回はこんなところで。
posted by マツモトケイジ at 13:05| Comment(3) | コラム。
この記事へのコメント
帯に短したすきに長し ですよ。
Posted by 余計な事ですが at 2006年10月24日 15:47
おおっ!戻ってる。>>文体
この落差が何とも言えませんな。

ひよっとして、ネカマ文体は、今回のようなアカデミックな考察を
よりアカデミックに見せるための伏線にしてた?(んなわけないかw
Posted by マルサン at 2006年10月24日 16:53
余計さん
なんか変だと思ってました。
文脈も変だったので直しました。

マルサンさん
そんなわけあるんです。
Posted by マツモトケイジ at 2006年10月24日 19:10