■ トップページへ

2006年10月12日

食に対する僕の見解について、いくつかのコラム。

食品の裏側を描く人の動機と食べ物の害と僕の立ち位置。


■食品加工の裏側を暴いて偉ぶる人について。

 世の中には、食品業界の裏側を描いた本が沢山あります。実際、食品加工に携わっている人は自分の作ったものを食べたくないという人が多いと聞きます。つまり、こんなに添加物を大量に入れて不衛生な工場で作ったものを食べられるか!という話です。裏側は酷いものらしいのです。

 が、不安を煽ってなんになる?と思います。事実だけを伝えればいいのに、むやみに今日死ぬぞ明日死ぬぞと煽る事になんの意味があるんでしょう?ニュースなのにキャスターが感想を言って視聴者の心理を誘導するニュースバラエティー(古館さんのとかな)と同じです。なぜそうやって不安を煽るのか?

それは、人は不安になればなるほど金を払うからです。

 煽れば煽るほど話題になり、売れるからです。霊感商法と同じです。この壺を買わないとたたりで一家全員死ぬ!って言ってるのと同じです。壺の場合は気付くのに、なぜ食品の事になると気付かずにトンデモ本を買い、信じてしまうのか不思議でなりません。

 それはおそらく、信じたいからでしょう。人は信じたいものしか信じない。見たいものしか見ないのです。多くの人は、科学が作り出した得体の知れないものは体に悪いと信じたいのです。なぜなら理解出来ないから。理解出来ないものを体に入れたくないのでしょう。

例えばトランス脂肪酸。

 日本マクドナルドの揚げ油はサラダ油と牛脂なので、トランス型脂肪酸が多いと言われるマーガリンやショートニングなどとは違うものです(米マクドナルドの揚げ油はトランス型脂肪酸が多いと言われてます)。しかし牛脂にだってトランス型脂肪酸は含まれています。というか、反芻する動物の脂肪にはトランス型脂肪酸が含まれていますのでトランス型脂肪酸を嫌う人は牛肉を食べられなくなってしまいます。

 また、遺伝子組み換え作物。日本で、具体的に誰か遺伝子組み換え作物の毒で亡くなったりしているんでしょうか?少なくとも僕は聞いた事がありません。アメリカで遺伝子組み換えジャガイモの中毒があったと聞いた事がありますが、日本では聞いた事がありません。

 よく体に悪いと言われるこれらトランス脂肪酸や遺伝子組み換え食品について、一体どの位のひとが正しく理解してるでしょうか?正しく理解してたら「体に悪い毒だ!絶対に食べない方が良い!」なんて言えないと思います。

つまり、よく分からないから体に悪いと思っているのです。

 僕は、世間的に悪いと言われている食べ物について、その害を誰かに伝えようと言う気は全くありません。それぞれ好きなものを勝手に食べれば良いと思っています。だから、自分が食べないからと言って人に「それは毒だから食べるな!」と言う気は全くありません。そんなおこがましい事言えません。


■普段の食生活について。

 企画以外で僕は、かなりの食事を自炊しています。野菜や調味料は出来るだけ無農薬で有機のものを選んでいます。添加物入りの安いものと、無添加の高いものが並んでいたら、無添加の方を買います。

それは、そのような食品が売れる事が、生産者や小売店への意思表示であり投票だと考えているからです。

 つまり、自分が正しいと思っている食品への投票です。自然な食品への投票です。逆に、安くても添加物があまりに多い食品などは買いません。それは、不自然なものだからです。不自然だと思うからです。
(体に悪いと思ってるからではありません。おそらく気にせず添加物を摂っても寿命は1年も変わらないでしょう。それよりも道路を渡るときに左右を何遍も確認する方が長生きできると思います)

僕は、自然に、シンプルに、自分が正しいと思う食品を食べて生きていきたいのです。

 しかし、だからといってファストフードを害悪と見なしたりという極端な意見には賛成出来ないし、僕の食生活を他人に自慢する気もありませんし、安い中国野菜や添加物調味料を買う人をバカにしたりもしません。それぞれが好きなものを好きに食べればいいのです。


■体の事。

 体に害があるもの、体に強いものは体が教えてくれます。それは吐き気だったり膨満感だったり、蕁麻疹だったりします。人間の体は、きちんといらないものを教えてくれるようになっているのです。過剰に、脳だけが不安を煽られ心配に思う必要はないのです。

 注意すべきは自分の体調と向き合い続ける事です。「あれ?調子悪いな、昨日の唐揚げがまずかったかな?油ものはしばらく控えよう」という事です。

 有機野菜に米や魚ばかり食べていても、ガンになった事に気付かなければ死んでしまいます。逆にファストフードばかり食べていても、ガン検診をしょっちゅう受けていれば早期発見で助かるのです。これを食べていれば安心で長生き出来る、なんてのはウソです。


■つまり。

 大事なのは、煽られた不安を人に振りまかず、きちんと複数のソースで勉強し、それを自分で判断して生きる事です。でないと結局は他人が言った事を考えもせずに鵜呑みにし、次から次へと移り変わる健康グッズや健康食に振り回され、買わなくてもいいものを買ってしまう事になるのです。

 食事とは、体を維持するために行うと同時に、楽しむためにするものです。体に良いとか悪いとか、そんな事ばかり気にしていたら美味い物も不味くなるし、楽しくありません。

食事で大事なのは「楽しい事」。これが第一です。

そして、あるがままに自然に生きる事を心がける。これだけで十分だと思っています。「僕は」。



■オマケ。

 あるある大辞典やおもいっきりテレビ、よくよく見ていくと普通に売っている食材ほとんどがテーマに選ばれている事に気が付きます。あれがいいこれがいいと散々煽っていますが、実は、食材というのは探せば大抵良い部分があるのです。人類がそれを食料として選んだ理由を考えれば解るでしょう。美味しいからで、美味しいと言う事は体が求めているからです(それが美味いと決めているのは脳です)。

 つまり、普通に食べている物をバランス良く食べればそれでいいんです。もやしが良いと聞けばもやしばかり食べ、スプラウトが良いと聞けばスプラウトばかり食べる。寒天だにがりだ、次はカボチャだ。

バカか。

 答えなんてとっくにでています。色んなものをバランス良く、腹8分目で食べる。それだけなのです。あるある大辞典で、ポテトチップコンソメパンチ味が体に良い!って言ったら驚きますがね。それで、次の日スーパーからコンソメパンチが消えたら、僕はもうこういう文章を書くのを辞めますよ。

あんまりバカらしくて。

ランキングに登録してみました。お願いします。
↑つまりこういう事を伝えたいのです。
posted by マツモトケイジ at 17:30| Comment(18) | コラム。
この記事へのコメント
はじめまして
今回の企画の分から拝見させていただいておりました。
すごくまっとうなことを述べらていらっしゃるので共感して、コメントさせていただきました。
これから20日弱ですが体調に気をつけて実験?体験?を続けてください。
Posted by kenji at 2006年10月12日 18:14
ケイジさんの情報についての考え方ということでよろしいですか?
体に気をつけて頑張ってくださいね。
(間違っていたり不快に感じたら、削除してください。ちなみに、「2ちゃんねる から子供たちを守ろう!」ttp://anti2ch.blog61.fc2.com/
というサイトがあります。不快な面白さですので、お暇でしたらどうぞ。これが何でランキングの上位に来るのか、さっぱりわかりませんが・・・)
Posted by 玲瓏 at 2006年10月12日 18:46
通りすがりで、はじめての訪問です。
さらっと目を通しましたが、なかなか面白い企画をなさっているようで、以後ちょくちょく覗きに来たいと思います。
それはそれとして、
「食に対する僕の見解について、いくつかのコラム。」
ですが、至極真っ当なご意見・ご見識だと思います。
一つ付け加えるとするならば、この考え方は「食」だけにとどまらず、生活におけるほとんどの事象に当てはめることが可能かと思われます。
私自身も変に流されることなく、毎日を過ごしていきたいと考えています。
また、最後にまとめとして書いておられる「自然に生きる」というポイントが、貴殿の魅力としてブログ内から伝わってきている気がします。
ぜひ見習いたいものです。
Posted by ぱそこんや at 2006年10月12日 18:50
ご存知の事だろうとは思いますが、、、

私の友人に、スーパーで仕入れをしている者がおります。
その友人いわく「思いっきりテレビで紹介されたものは当日・翌日相当な売り上げを出す」そうです。
「なので、テレビ局に電話して、得た情報から明日の仕入れの品を決める事もままある」とも言っておりました。
ああいった番組は、既に消費システム、産業の一部なんですね。

ま、いまんとこコンソメパンチは、なさそうですがね。

追伸:マック生活、楽しんでおすごしください。
Posted by やすだ at 2006年10月12日 19:07
友人で、女性週刊誌の
「山菜にはわずかながら毒があって、それを食べてトイレを我慢すると、膀胱から再吸収されガンの元になる。」
というネタを、本っ気で信じている、
コンビニ弁当ばかり食べているおバカさんがおります。

山菜なんて、山奥にでも住んでいない限り、一年の内で一体何回食べます?
毎日知らず知らずの内に摂取している物の方が、量としては莫大で毒かも知れないという事には気づかないんでしょうか…?
興味深いので、あえて否定せず、そのままにしておりますが。w
Posted by アカバネーゼ at 2006年10月12日 19:35
あ〜、そういえば、昔コンビニでバイトしてた時に、
「○○日に××(情報番組)で・・の特集を放送するので、
放送に合わせて多めに発注しておいてください」
と、本部からお達しがファックスで来てました。
ブツは何だったろう? ココアかなんかだったかと。
オレ的には、好きなものが取り上げられると
ラインアップが増えたり安くなったりしていいかな〜
ぐらいに理解してますがね。
Posted by ちゅ〜 at 2006年10月12日 19:49
お久しぶりです。
全くその通りと思います。自分の体調に敏感になれば、極端なことにはならないはずです。
あと、動物の“一部”だけしか食べないなんてのは、人間だけじゃないですか? 皮や内臓も食べないとバランス悪いですね。そういう意味で、いわしの丸干しやめざしなんかいいと思いますが・・・
Posted by TAKA at 2006年10月12日 19:54
ケイジさん、マック生活お疲れ様です。
時々ケイジさんが書かれる、「自分の頭で考えろ」というメッセージには共感させられることが多いです。
僕の場合は、職業上「薬、治療」に関して同じような説明をすることが多いです。
「副作用、事故が怖い」というのは感情としては十分理解できるのですが、冷静に考えればデメリットの多い事柄を勧める医者なんか、ほとんどいないと思うのですが…
どんな事柄であれ、まずは自分で調べて・考える。その上で、専門家に疑問をぶつけてみるというのが得策だと思います。
患者さんが「正しい」知識を持つことを歓迎する医者はいても、敬遠する医者はまずいないと思いますが、マスコミに言わせると我々は患者さんが知識を持つことを恐れているそうですね。
我々が恐れているのは、マスコミにより「まちがった」知識が蔓延することなのに。
なんだか、愚痴になってしまって、すいませんでしたorz
Posted by benoit at 2006年10月12日 20:14
「不安=よく分からない」からまわりの情報に振り回される・・・本当にその通りですね。
正しい知識と情報を集め、自分の頭で考えることが大事だと思います。
ふと、鹿児島大の納教授のHPを思い出しました。
ケイジさんならもうすでにご存知かもしれませんが、
痛風にビールはご法度という常識を覆して、ビールをやめずになんとか治したい!と、自分自身を実験台にして調査・研究された方です。(自らを実験台にするあたり、ケイジさんと似てますねw)
BSEについての考察も興味深いです。
もしまだなら是非ご一読を。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~osame/index.html
Posted by えす at 2006年10月12日 21:20
はじめまして。
コンソメパンチを食べながら読んでいたので、少しどきっとしました。一瞬、本当にあるあるでやっていたのかと思ってしまいました。
Posted by ゴロゾヴ at 2006年10月12日 21:27
こんにちはー。いつも楽しく読ませてもらってます。
私もケイジさんとほぼ同じ考えです。
一つ違うのはこの手の番組を「普段の食生活を振り返る」という位置づけで捕らえてます。
変に偏った食事してないかとか、取りすぎてる栄養はないかとか、そんなことをチェックしてます。
自分なりにメディアの与えるエンターティメントを楽しみ、かつ若干の糧にしているわけです。

ところで、マックでソフトクリームあるの知ってました?
扱ってる店舗が少ないのかな? 
板橋区高島平のとうきゅうではやってました。
ついでにそこではナゲットのフルーツカレーソースもまだ出してましたよ〜。
ご参考までにどうぞ(悪意はないですよ。タブン)
Posted by kikka at 2006年10月12日 22:10
全て、同感です。
Posted by ktmn1000 at 2006年10月12日 22:34
>色んなものをバランス良く、腹8分目で食べる。
本当に同意です。
毎日の様にテレビでは、あの食品がいいとか
この食品がいいとか言っていますよねえ。
総合してみれば、「旬の食べ物をバランスよく
食べる」って事なんですよね。
Posted by 夏トラ at 2006年10月12日 22:50
この文章を読んで、部活の先輩が残した言葉を思い出しました
いわく
「何を食っても健康にいい」
「何を食っても癌になる」
極論ではあるけれど、健康番組ってそういうとこあるよなーと妙に納得しました

あの手の番組は、普段家で常備しているものが近々品切れの危機に陥らないか、の情報源として大変役に立っております
まあ、原因も番組なんですが
Posted by ikka at 2006年10月12日 23:41
こんにちは。
初めてですが、コメントさせていただきます。

ケイジさんは、本当に健康だからそういう意見がいえるんだと思います。
実際、マクドナルドを食べたら気分が悪くなるし、世の中には昔なかった病気が充満してるし、食品添加物の入っているコンビニを続けて、癌になった子もいるし。

食事を制限しても健康でいたいんです。

とにかく、マクドナルド生活。
気をつけてくださいね。
お体がとっても心配です。
Posted by tomo at 2006年10月13日 08:11
kenjiさん
ありがとうございます。
実験と書いてエサと読んで下さいw。

玲瓏さん
そうですね、僕の、情報に対する考え方、向きあい方です。
守ろうって・・・。この人たちは子供が純粋な世界に生きているという幻想をなぜ持つんでしょうかね。「東京から子供達を守ろう!」とか「大人から子供達を守ろう!」とか「テレビから子供達を守ろう!」とかやってればいいんですよね。

物事の原因を都合の良いように定義する人たちですね。

ぱそこんやさん
そうですね。わかりやすくするために食に限定しましたが、色々な事に当てはまりますね。人の長所の原因が短所だったりするのと同じです。短所を矯正したら長所も無くなる。
「あるがまま」に生きる事が大事だと信じています。

やすださん
そうですね。ちょっと前はスキムミルクがずっと品切れになってました。前にコメントで「あるあるのテーマとCMの内容は一致している」という事が書かれていて面白いなーと思いました。
カルビーもあるあるのスポンサーすればいいんですよね。

アカバネーゼさん
あははは、すごいですね。木を見て森を見ず。
物事を大局的に見られないんですね。

ちゅ〜さん
なるほど、もう大衆がコントロールされるのを前提にしてるんですねー。視聴者はどこまで舐められているんだか。

TAKAさん
そうですか?豚や牛は骨の髄まで食べますよ、人間も。脳みそまで食べてへたれ人間になっちゃった国民もいますがw。ああ、モツ鍋食べたい。

benoitさん
なるほど、まったくその通りですね。
マスコミは無責任に煽るだけ煽ってどうしようも無いですね。
それが彼らの仕事なんでしょうが。浅ましい。

えすさん
その教授の事は知りませんでした。流石本職、検査、実験、共に説得力があります。すばらしい。ビールのプリン体なんてタンパク質と比べたら問題ないレベル、その通りでしょうね。僕もつねづね不思議に思ってました。プリン体が細胞に含まれるなら、ビールよりも肉の方が多いんじゃないかと。
すっきりしました。ありがとうございます。

ゴロゾヴさん
なるほどなるほど。
思い出すための装置として使っているわけですね。
ソフトクリームは2種類ありますね。100円のと高いの。
食べ比べしてみようかなと思ってます。

ktmn1000さん
ありがとうございます。

夏トラさん
答えはとっくに出てるんですよね。
日本人2000年の歴史をなめちゃいけませんね。

ikkaさん
そういう事ですね。水だって10リットル飲めば死ねます。
毒は少なければ薬になります。薬は多く飲めば毒になります。
そういう事ですよね。

tomoさん
どうも、僕が書いた事がまったく伝わってないようです。
残念。

昔無かった病気の原因はなんでしょうか。食生活の欧米化?環境ホルモン?工業化による環境汚染?社会の複雑化によるストレスの増加?不況?世界全体を覆う閉塞感?ユダヤ人の陰謀?宇宙人がこっそりばらまいている病原性ナノマシン?

原因の中で、一番自分が納得しやすかったものだけを悪者にするのは正しいでしょうか。陪審員制度によって無実の黒人が死刑にされてしまうようなものです。

「食品添加物の入っているコンビニを続けて、癌になった子もいるし。」

はたして癌の原因はコンビニの食事を続けた事でしょうか。他にはなんにも原因が無かったんでしょうか。遺伝的に癌になりやすい要素は?生活環境は?ストレスは?

そしてそもそも、その癌になった子供はどこに?ソースは?

僕が書いているのは、物事を多角的に、大局的に見なさいと言う事です。納得しやすい答えに満足せず、考えろという事です。

心配ありがとうございます。しかし、僕の体を心配している時点でピントはずれてしまっています。残念です。
Posted by マツモトケイジ at 2006年10月13日 11:42
反対に健康に良いと言われているものだけを極端に食べ続けた方が健康を害することの方が実証されているように思います。だからケイジさんの実験は本当は必要ないのかもしれません。でも個人的には応援します。この実験で「なんでもないよ」っていうのも面白いから。(なんでもないはずなんだけど、ちょっとどきどきする。)
あと、確かに不安を解消したいという気持ちが私たちの中に本能的にあると思います。でもそれが「食」にこだわり過ぎる傾向にあることが変です。身近なものに攻撃的になっているように感じます。
私の同僚にはタバコは1日に3箱くらい喫煙するけど、無農薬の野菜にこだわっている人がいます。人間一度洗脳されると変わるのは難しいみたいです。醤油に発ガン性があるとヨーロッパでは一般的らしい(放送大学でやってた)けど醤油はやめられないですよね。塩分も多いんだけど。
Posted by サリー杉浦 at 2006年10月13日 16:36
僕のは実験じゃないし必要も無いですよ。
説得力を増すためにやってるパフォーマンスです。
醤油の発ガン性ってアフラトキシンですかね。
http://www.kikkoman.co.jp/kenkyu/syouyu_1.html
キッコーマンは無害っていう結論を出したみたいですね。僕も醤油は問題ないと思いますよ。
Posted by マツモトケイジ at 2006年10月13日 16:49